会社勤めもしている弱小アフィリエイターでも持続化給付金が入金されました  でも10年以上選手なのです

くらし
スポンサーリンク

新型コロナによる、自粛でダメージを受けているという人は沢山いるのではないでしょうか。
いや外出自粛などで大きなダメージを受けているという人はほとんど当てはまると思います。
自粛解除になった今でも、他県へのお出かけは避けてください。などまだまだ通常の生活に戻るのは難しそうです。

深夜族の私は、外出といえば24時ぐらいなので、ひさしぶりに食事をしたいと思っても空いているのはコンビニと牛丼屋さんぐらい。
それでもすごくありがたい。
働いてくれている人に、本当ありがとう!と思います。

病院関係者の方はもちろん、ドラッグストア、コンビニ、スーパーマーケットの人など本当にありがとうございます。

という私もインフラ業の会社勤めなので、仕事はまったく変わらず日々出勤しています。
いつもよりは暇めでしたが、コロナ対策やマスク着用、アルコール消毒等など普段よりも気を使うことが多く疲労困憊しております。
が、仕事があるのはありがたいと、感謝して働いております。

で、あれ?会社勤めなのに持続化給付金?とお思いでしょうが私は10年以上継続した弱小アフィリエイターなのです。
一度は専業アフィリエイターとして自宅で働いておりましたが、10年前の東北大地震の頃からどんどん売上が減り、
アルバイトへ出るようになり、アフィリエイトにかける時間も少なくなり、よろよろの弱小なのではありますが、
少しの収入はあるので、赤字継続ではありますがずっと青色で確定申告していました。
今回持続化給付金にあたって、初めて青色申告していてよかったなぁと思った次第であります。

スポンサーリンク

会社勤めとアフィリエイトの兼業

青色申告は事業所得と、給与所得の両方で10年以上していました。
(途中は事業所得だけの時もあり。)

専業の時は、毎日売上を確認して一喜一憂。
どーんとしていられないたちなので、専業は向いてなかったと思います。
アルバイトに出ることで、少しの増減があっても動じなくなれたので兼業向きなんですね。

しかし、給与があることで日々の自宅での作業はさぼりがちになってしまいます。
55歳にもなったので、アフィリエイトを始めた40代とは作業量も、脳の回転も遅くなっているのにね。

5月2日に持続化給付金を申し込みました

情報が登場して個人事業主でも売上が50%減であれば申し込めるとのこと。

これはいけるかも?と自分の売上などを確認したところ50%減でしたので5月2日に申し込みをしました。

持続化給付金のサイトへ入力を始める

持続化給付金
感染症拡大による、営業自粛等で特に大きな影響を受けている、中堅・中小企業、小規模事業者、フリーランスを含む個人事業者に対して、事業の継続を支え、再起の糧としていただくために、事業全般に広く使える給付金を給付します。

記入するのは、

①去年の年間事業収入
②売上減少の対象月
③月間事業収入
④前年度の対象月の売上額

そちらを入力すると金額が自動計算されました。

私の場合は弱小なので、満額の100万はもらえませんが、
それでもいただけるのであればありがたい金額。

しかし私が申し込んだ時点では、10万円以下は切り捨てだったので、
3万円ちょっとが切り捨てられていました。

これは残念かも・・・
と思ったところ、改善され、
切り捨て分も、後日振込みされるとなりました。
(後日の期間がわからないのは、ちょっと不安材料でもありますが。)

 

必要書類を揃える

振り込みをお願いしたい口座の
通帳のオモテ面 /電子通帳等の場合画面コピー
通帳を開いた1・2ページ目/電子通帳の場合画面コピー(1枚目と同じもの)

私の場合は楽天銀行なので画面コピーして、口座番号が見える一番上と、
取引が見えるようにした画面コピーの2枚を。

①2019年の確定申告書第一表(青色又は白色)
②2019年の所得税青色申告決算書または収支内訳書(1)
③2019年の所得税青色申告決算書または収支内訳書(2)
④2020年の対象月の売上台帳等※「売上減少の対象月」と同じ月の売上台帳

3は私が申し込んだ時は、2020年の減少月と同じ2019年の売上台帳と記載があったのに、後日このような名称に変更されていました。

なので私が用意したのは、使っている青色申告ソフト
『弥生の青色申告オンライン』の[総勘定元帳]をダウンロードして用意しました。

4の売上台帳は、[総勘定元帳]では月のトータルになってしまうので、
少ないので、日々の売上が良いかとエクセルでの売上台帳の入力仕方を紹介してくれているブログさんからお借りして、日付、ASP 売上の出た取引先、金額などを入力して用意しました。

売上台帳の書き方は?エクセルや手書きの場合も解説【持続化給付金・家賃支援給付金対応】 | 白い旅人ブログ
いよいよ新型コロナウィルスの影響による、持続化給付金と家賃支援給付金の申請の際売上台帳が必要になります。 ネット上では売上台帳の書き方に関しての疑問が多い状況です。 売上台帳は確定申告の際、提出の必要は無くあくまで保存と …

 

売上台帳に入力したこと

きちんと5月2日の申請時に2020年の売上対象月を入力して作成して送ったにもかかわらず、

5月19日に『売上台帳が正しくありません』のメールがありました。

確認してみたら、なぜか2019年分の同月の[総勘定元帳]が入っていましたので、

あちらのミスかと再度作成して残しておいた売上台帳を再度アップ。

そしてそのまま不備メールは来ないで5月26日に振り込みとなりました。

アフィリエイターの減少月の売上の調べ方

それぞれのASPのその月の確定を調べ、その金額のトータルで減少月を決定します。

それぞれの売上の日と、対象ASP、契約会社、金額を調べて、

1日から月末まで面倒ですが、入力して作成しました。

でも怖くて使えない

いつまでこのブラックホールが続くのか。

対象月の金額×12月ということは、この持続化給付金で1年しのげということなのか。

それとも再度の給付があるのか。

見えない未来、見えない意図。

頂いても、使うのが怖い私です。

まだ、10万円の給付の申し込み用紙も、マスクもきていないし。

色々こわいのです。

 

タイトルとURLをコピーしました