2021年の手帳はどうします? 来年はほぼ日のカズンからオリジナルに戻そうと思います

くらし
スポンサーリンク

そろそろ年末を感じるころ。

おせちたのしみだなぁ。とそればかり考えている私です。

いや、もう一つ考えることがあるのです。

それが手帳。

すごくメモ魔の私はなんでもかけるノートみたいな手帳が欲しい。

と行き着いたのがこのほぼ日手帳です。

スポンサーリンク

ほぼ日手帳 カズンはやっぱり重かった

マンスリー、ウィクリー、そして毎日のことを書き込める。

さらにオリジナルよりもサイズが大きいのが、ほぼ日の手帳カズンです。

購入する時、使っている人の口コミの・・・

重い。

家に置いておくならいいけれど、持ち運びは大変。

そんな、今なら本当にそうだよねぇ。と言える重さは、

一年使ってみて、本当に思いました。

ほぼ日カズンと、無印手帳カバーと。 引き寄せ手帳にもしていきたいのでいろいろやってみたい。
何冊も何冊も買ってきた手帳。 でもちゃんと1年使えた事がなかった私。 きれいに使いたい、こんな事を書いていいのかと、思うばかりに 飾りものになっていたのよねぇ。 しかし、職場でもらった手帳を2年きちんと使う事ができて...

でもサイズが大きいので、躊躇することなく何でも書けてよかった。

ほぼ日の手帳は、紙質がよくてスルスルと書き込める感じもとてもよくて、

でも本当に重い。ので大きめのサイズのカズンを購入しようと思うけれど、

重さに不安が、という方にはカズンの半年づつ2冊にわかれているタイプがおすすめです。

で、私は2021年の手帳はどうするの?ということですが。

私はほぼ日のオリジナルに戻ります!

サイズが小さくなってしまうのは悲しいけれど、

半年ごとでなくて、1年分を持ち歩きたい。

でも重さはやっぱりきつい。

ということで今年はオリジナルを購入しようと思います。

そして、マンスリーと毎日のページは書き込むけれど、私にはウィークリーがいらないので白紙のページがたくさんでもったいないなぁと感じたからです。

しかも、中身だけでカバーはなしでいいかなぁと。

2020のカズンにはカバーとして無印の手帳カバーをつかっていましたが、

ズボラな私はむき出しで使い始め、それでもとても愛着をもって、

どこに行くにも持っていっていました。

書き込むのも楽しいけれど、ふとした時読み返すと、

その時の頑張りとか、不安とかを思い出して、またがんばれる。

そんななくてはならない手帳さん。

ことしもほぼ日にお世話になろうと思います。

タイトルとURLをコピーしました