ほぼ日オリジナルの手帳カバーがやっぱり欲しくなる

くらし
スポンサーリンク

今回で3度目のほぼ日手帳。

初回はカバー付きでオリジナル。

前回はカバーなしで大きなサイズのカズン。

そして今回はカバーなしで再度オリジナルを購入しました。

カバーなしで使おうと今回は買ったのではありましたが、なんだかだんだんカバーが欲しくなり、メルカリを見たり、楽天やアマゾンを見たり。

でもカバーだけはお得なのはないし、メルカリでも売っているのはすごく高価なものだけだし。

手作りっぽいものは、中が私好みでなかったり・・・

結果を書いてしまいますが、捨てていないはずとあちこちを探すと

出てきました!初めてかったオリジナルとそのカバーが!

そして見ると汚れてはいるけれど、どこも悪くなっていないので

鞄に続いて洗ってしまおうと思ったのでありました。

犬印鞄製作所 トートバックを洗ってみました
義父が亡くなった為、遺品回収へ出かけてきました。収集癖があったようで、雑誌の初版から最新刊まであつめられていたり。好きだった寺山修司さんや、三島由紀夫さんの本、ビデオ、CD、切り抜きなどなどそれぞれの人で大きなダンボール1箱では足りないぐら

かなり丈夫にできているカバー。

改良はされているものの、今でも同じものが販売されているカラーズのネイビー

水に強そうな生地で、中もしっかりビニールコーティングされている感じ。

洗ってきれいにはなったけれど、ビニールっぽい部分があるので

臭くとかなったら嫌だなぁと、ちょうど仕事の日の朝に洗ってしまったので、

干したあと、少し乾いた手帳カバーを持って行ってエアコン近くに干して

休憩のたびに面倒をみてきちんと乾かしました。

 

スポンサーリンク

1900円と高いかと思ったけれどお値段以上

もちろんサイズもぴったり。すごくきれいになりました。

丈夫で、全く古さを感じさせず。

細かなところまできれいなままで、なんて丈夫なカバーと感激。

1年使って、しまってあったとはいえ12年経ってもこんなにきれいなんてすごい。

とあまりの丈夫さと、品質の良さに感激して伝えたくなったのでありました。

タイトルとURLをコピーしました