閉経までの道のり こんな風に歩いてきました

体やココロ

閉経までの道のり
このサイトを作り始めて早7年の時が過ぎました。
作り始めた当時は44歳、、もちろん生理は毎月来ていました。
また量も多い時、少ない時はありましたが多い時は以前と同じ量でしたが、51歳の現在生理は終わり閉経しました。
はじまり13歳、そして終わりは48歳でした。

46歳の時にの記録

なんだかさみしい

child-1311854_640
若い頃はあれほどないと楽だと思った生理ですが、申し訳程度の量を見ると、もう終ってしまうのかなとなんだか寂しい気持ちになります。
正直なところもう一度だけ出産もしたかった。
そんな風に思います。
20代で出産、子育てをした時より体力はないですが、いまならさらに教えて上げられる事や、してあげられることが増えているからでしょうか。
もちろん大きくなった子供達にも知恵やできることをしてあげればいいことですが、いちからもう一度体験したかったなぁと思う気持ちがあります。
初潮は12歳そして私の閉経はいつになるのでしょうか。

毎月の生理の量がだんだん減り、2ヶ月に1度になり、ついに3ヶ月こなくなりました。 この様子でいけば閉経の可能性が高いかと思います。
思えば、先月ちょうど生理の予定日ごろ、いままでにない強い腹痛が半日ほど続きました。
生理痛というのは、ほとんどなかったので、たぶん生理痛のひどい方ぐらいの痛みだったかもしれません。
あまりの痛みにどうすることもできず、トイレにすわって、膣から痛みを逃がすように空気を出していたら、不思議とおさまりそれからは痛みは全くないのですが、その時も今も、全く出血などがないのであれが終了のお知らせだったのかな、なんて思ったりして。

51歳の今

もうなにもきていません。(笑)
早かったのか、遅かったのかは不明ではあります。

終わりかけが一番寂しかったな、と今では思いますが、生理が全くこなくなってからの方が体調もよくなった感じです。
未だに生理用品売り場を見ると少し寂しい気もしますが、
『次いってみよ~!』とドリフの長さんのように気分は切り替わっていますよ。

閉経後気をつけること

閉経後きをつけないといけないのが骨なんだそうです。
骨といえばカルシウムですが、同じカルシウムをとっても閉経後は若いときと比べ1/2から1/4に腸からの吸収が低下してしまうそうです。
カルシウムの吸収を高め体内で増やすにはビタミンDが必要。
また蛋白質が作られるのを助けるビタミンKカルシウムが骨に取り込まれるのを助けるマグネシウムも必要になります。
骨に必要なのは、カルシウム、ビタミンD、ビタミンK、マグネシウムですね。
乳製品や豆乳などの大豆製品を積極的に取るのがいいそうです。
またもや大豆ですね。
更年期以降ずっと大豆を食べるように心がけないといけないんですね。

あとは運動

ウォーキングなら一回の歩行時間は、30分程度。
50~60歳代では朝夕2回で8000歩が目標といわれます。
なんだか、一気に年をとってしまった気分になります。

[clink url=”http://www.bulldogmark.com/yotu/84.html”]

コメント