髪の変化 白髪が増えてきました

体やココロ

30歳になった時、もう若くはないんだとかなり思いましたが、今思えば30代は若かった。
でも、40代になると体に著しく変化してきました。
その中でも髪の毛が変わってきたことを書いていきます。

髪の毛が細くなってきた

woman-1006100_640
良くないことですが、すこしストレスを感じると髪の毛を触ってしまって抜くクセがある私。
これは、抜毛症といい、自らの手で髪の毛を抜いてしまうというものです。
多くは幼少から思春期にかけて見られるようで、髪の毛を抜くという行為に不思議な満足感や達成感などの快感を感じます。
ストレスが大きくかかると手が自然に手ぐしをするように髪のけをさわり。
ひっかかるものがなくなるまで抜いてしまうのですが、抜くとそれまでのストレスが一気に晴れるような感覚になりますが、その後、こんなことしては駄目だんだよな、という気持に陥ります。 こんなたまに気づくといけないことをしている私ですが、こんな行為で抜けた毛をみるといままでと違い細くなってきていることに気づくのです。

白髪の原因

woman-208723_640
元々毛髪は白髪で、毛髪の成長過程で色素細胞(メラノサイト)が毛髪を黒くするメラニン色素をつくり、そのメラニン色素の働きで髪が黒くなるそうです。
その色素細胞(メラノサイト)が何らかの原因で、メラニン色素が作られない場合白髪のままになってしまうのです。
毛細血管や神経がある毛乳頭のまわりには、毛母細胞があり、毛母細胞の間には、髪の色を作るメラニン色素を生成するメラノサイト(色素形成細胞)があります
そこでメラニン色素を生成しコルテックスに行き渡り、髪に色をつけているのです。
加齢や病気などにより、メラノサイトが徐々に減少、それに比例してメラニン色素も減少します。
その結果、髪の色素が薄くなり、白髪になる、というわけです。
一番の原因は加齢、そのほかの原因としては、遺伝・生活環境・病気・ストレスと考えられています。

白髪対策 防止

白髪対策として一番大切なのは、毛乳頭への血行を促進し、毛母細胞の働きを活発にする事と考えられています。
毛母細胞の働きを活発にするには、育毛剤等で1日2回ほどマッサージする事が効果的です。
髪の毛は体と同じで、食事ではバランスよく良質のタンパク質(赤みの肉、魚、卵)緑黄色野菜、海藻類、乳製品、豆腐などの大豆製品をしっかりとる事です。
白髪を減らそうとする場合、白髪を抜くのは厳禁です。
抜いた後に黒い髪が生えてくる補償がないうえに、抜いた毛穴が炎症を起こすことがあるのでご注意ください。
刺激を与えて白髪が増えるという噂(笑)もあります。

白髪染めってなんだかおしゃれじゃない気がしてしまいます

白髪染めでキレイに染めても、すぐに伸びてくる白髪。
やはり髪は傷むし、なにより面倒。
そして白髪染めのパッケージがなんだかおしゃれじゃない気がしていまいます。

私は白髪を染めないことにしました

白髪が出始めの頃はとても年を取ったようで、ちょっと悲しくなってしまったけれど。
今は無駄毛と同じくおっかけっこになる白髪はもう放置する事に決めています。
無駄毛はたまにお手入れをしていますが・・・シャンプーを変えたせいか白髪がそれほど増えない?

基本は石鹸で。たまにノンシリコンや、アミノ酸系のシャンプーを使うだけで、化学合成系のシャンプーを使わなくなりました。
石鹸は洗顔様のオリーブオイルやセサミオイル系だとリンスなしでもしっとり。


そしてシャンプーで気にいっているのはこのエスコス オレンジシャンプーシリーズ。
とくにミントの方が気分転換になって気持ちよい。

そのせいか白髪が内部にはあるけれど、表面には増えてきていない感じがします。
これはシャンプーのせいなのかは不明ではありますが。

現在1本の値段で2本もらえるキャンペーンをやっていますよ。
洗うだけで毛根から元気に!オレンジシャンプー

コメント