加齢臭って何で臭うの? 予防と防止対策するには

体やココロ

加齢臭、女性の方が臭うという話もありますが・・・
職場で加齢臭が臭う、という女性にはあまりあった事はありません。
ただし、家に突然お邪魔した時にいつもとは違う臭い、そう加齢臭がするという事があるのは当たり前。
やはり女性の方がお化粧や、制汗剤などで対応しているのでしょうか。

それに比べて男性は無防備である人も多々いるようで、特に作業着にある職場では体から臭うのか洗っていない作業着から臭うのかわからないぐらい。
その人から『あの子若いのに加齢臭がするよね、言ってあげたほうがいいのかな。』と相談された時にはもうなにも言えませんでした。
私を含めて、やはり自分ではわかりにくい、ものなのだと思うのでありました。


疲れた時、汗をたっぷりかいた時に耳の後ろの臭いを嗅ぐと自分の加齢臭のニオイがわかるらしいです。
クサイですよね。

加齢臭(かれいしゅう)とは中高年特有の体臭

某大手化粧メーカーの研究所により2000年12月11日に中高年特有の体臭の原因がノネナールであると判明しました。
その時、同時に加齢臭という名称がつけられたのです。
この体臭成分は青臭さと脂臭さを併せ持ち、男女ともに性差なく40歳代以降に増加が認められます。
体や衣服などからチーズ臭、古本のような臭いがしたら加齢臭と考えて間違ありません。
ノネナールの臭いのもとは、身体が老化する事により血管のなかに溜まるコレステロールなどの老化物質です。
皮脂腺にはパルミトオレイン酸という老化物質が溜まっていき、これが酸化、分解することにより色々な皮脂酸ができ、その一種をノネナールと呼んでいます。
加齢臭予防には脂肪酸の分解を抑える抗酸化剤と抗菌剤が有効とされています。
機能性香料に関してはあくまで一時的な効果対策です。
加齢臭そのものを予防するには、悪臭を根本から絶つ事。・これこそが加齢臭における最大の対策となります。 

40歳以上の男性の81%が悩んでいる加齢臭の正体はノネナール

40歳を過ぎた頃から発生しだす、加齢臭は年と共にニオイが強くなります。
ノネナールのニオイは、若い人にとったら予想以上に不快感が強いもの。
加齢臭予防には皮膚や衣服に古い脂質を残さないこと。つまり清潔が一番なのです。

体を清潔にする

laundry-413688_640

加齢臭は体からでる老廃物が、若い時とは違って分解する力、酸化抵抗力がない為に臭ってしまうのですが、汗として体から出たものは若い時と同じで悪臭となります。
加齢の汗プラス放置はさらなる悪臭を呼ぶ事は理解いただけると思うのですが、疲れやすくなってきている年齢という事もあり、会社から帰宅、お酒を飲む、そして寝てしまうという悪循環にならないように、帰宅後にはまずお風呂、そして晩酌するという流れを生活につける必要があります。

まずは毎日体を清潔にする事、そしてシャワーだけでなく、湯船に使って汗を出し、毛穴の老廃物を取るようにします。
水分を大目に取りお風呂で汗をたっぷりかくことで明日の汗の臭いを低減する事ができます。

girl-717936_640
夜には湯船につかりゆっくりと入浴し、朝には軽くシャワーを浴びるのが理想的。
皮脂が出やすい頭皮、胸や背中の中心部、わき、額、鼻筋、耳の後ろはしっかりと洗うようにします。
その際、タオルでゴシゴシ擦ると皮膚の角質が必要以上に取り除かれてしまいますので、よく泡立てた石鹸の泡で洗うようにします。
衣服は毎日の着替えはもちろん、会社の制服やスーツに注意を。ワイシャツは日々替えるけど背広までは毎日交換しないもの。

皮脂は知らないうちに、衣服にも染み込んでいるので、においをこまめにチェックするのが大切です。
加齢臭は、個人差のほか、性別や年齢によって違いがありますが日常のケアで防げるのです。

食生活を改善する

abstract-1238247_640

年齢とともに、脂っこいもの肉より魚と好みが変化していくのは自然現象のような気がします。
お肉を食べたら倍以上の野菜を取る事を心がけ、食物繊維で体の中からきれいにしてあげましょう。
加齢臭の原因ノネナールは、皮脂腺から分泌される脂肪酸。中性脂肪が(グリセリンと脂肪酸に)分解されてできるもの。
これが酸化されると過酸化脂質となり、ノネナールとなります。
中性脂肪の原因、肉 卵をさけるようにすれば臭いを低減できるはずです。

コメント