坐骨神経痛の病院などでの治療方法

体やココロ

普段病院嫌いな人でも痛みには耐えがたいものがあるのではないでしょうか。
私も普段は病院が怖いし、待ち時間が嫌なのでほとんど行くことはないのではありますが、
歯痛、そして神経の痛みは耐えがたく病院へと行きます。(歯も神経の痛みですよね。)

坐骨神経痛の病院などでの治療方法

病院で治療を受ける場合は整形外科でした

まずは、病院へ。坐骨神経痛は整形外科で診療してもらいます。
まずは、痛みや症状を伝え、レントゲンなどをとります。
背骨から神経が飛び出ているので、痛いのです。などと説明を受け、その後には、腰痛体操の紙を頂いて診療は終了です。
痛み止めロキソニン、そして塗るシップ薬をいただきました。
この痛み止め、家で頭痛薬を飲んでも止まらなかった痛みがわからなくなるぐらいに効き目がありました。
でも長い間のみ続けるのはよくないようですが私は3ヶ月飲んでしまいました。
最近ロキンソニンは薬局でも売られるようになっていますね。

カイロプラクティックで治療を受ける

クスリの力をかりずに、歪みを治して自然治癒を促すというカイロプラクティック。
あまり馴染みがなかったので診療を受けることはありませんでしたが、歪みを治す事は坐骨神経痛の改善にも役立つと思います。
行ってみようか迷ってしまっているうちに治ってしまった為、内容についてはわかりません。

はり治療を受ける

坐骨神経痛ではなく、腰痛持ちだという方が通っているという話を聞いたのが鍼灸のハリ。
その方に言わせると、さしてもらったらてきめんに効果があって楽になる、ということ。
痛みが軽減され、帰りには動けるようになるのだとか。
ハリをさす事で血行をうながしてくれるわけですので、まずはお風呂であたためたり自分でマッサージをする事もいいかもしれません。
自分でするハリのようなものも販売されているようです。

コメント