過敏性腸炎による下痢が5年かかってやっと止まった話 便漏れはさすがに悲しい50代

漢方で頑固な下痢が止まった こころとからだ
スポンサーリンク

下痢が始まって早5年。

はじめは便意が多いなから始まって、最後は水下痢がトイレに行く度にでてしまう。

そして寝ていても夜中に失禁?ならぬ便漏れですよ。

もう終わったなと思いました。

そんな日々を過ごして体重は57キロから、最後は39キロまで落ちました。

若い頃にパニック障害にかかっているので、

『いつ下痢になるか心配で外出できない。電車に乗れない。』

というのは、次で降りれば良いじゃん。漏らしたら漏らしたときよ。

と思えばそれほど大変なことにもならず、寝ている時以外は漏らしたことはありませんでした。

自分で暗示かけるのが一番危ないのかなと、自分洗脳が上級者な私はそう思いました。

この自分洗脳、お金を稼ぐとか幸せになるとかに生かして行きたいと強く思っているところです。。。

スポンサーリンク

5年も続いた頑固な下痢はイリボーでも治らなかった

下痢が始まって、2年ぐらいはほっておいたけれど、なんせ水下痢なので

職場のトイレに飛び散らしてしまうので、その度に掃除して。

爆裂音がすごいので、人がいる時は別のトイレに行って・・・

と不都合も多いし、だんだん体重は落ちるし、体力もなくなるし。

そして職場での人間関係からストレスが多くなり胃痛、吐き気、胃酸過多にもなったわけです。

どこまでひどくなる前に、一度病院に救いを求め大腸検査を受けて異常がないことを確かめた上で、過敏性腸炎に効果がある新薬らしい 【イリボー】なる薬と、さらに下痢止めを処方してもらう事ができました。

がっ、全く私には効かず病院へ行くのは止めてしまったという過去。

 何を飲んでも止まらない

正露丸を飲んでも、正露丸の匂いのする下痢がでるだけ。

整腸薬、消化薬、なにを飲んでも全く駄目で、

お尻からはいつも水下痢が出ていて、尿が前と後ろ2つの穴から出ているという状態でした。

そしてどんどん一緒にわるくなる胃。

常に吐き気がするほどの胃酸過多で、どんどん胃が痛く。

朝起きると、栄養がとれていないのか胃の具合が悪いからなのか、貧血のような

体に力が入らない感じで、仕事を休むことも多くなってしまい、これではいけない!

と前から気になっていた、漢方医へ行くことにしました。

漢方なら治るのかな?

前から気になっていたその人それぞれに合った漢方を処方してくれるという漢方専門医。

古くて小さな引き出しがある薬箪笥から、漢方を選んでゴリゴリと粉にして、

煎じて飲めと言われるような、ちょっと古めかしい変わったお医者さんなんだろうか、

とう勝手なイメージを抱いてしましたが、行ってみたら明るい普通の病院で、

舌の状態やたぶん顔色、そして話を聞いてくれて、エキスになっている顆粒状の漢方を数種類処方してくれるという感じでした。

そして、プラス西洋の薬。というか普通の病院で処方されるような薬も混ぜてくれます。

即効性と、長く飲むと効く?という漢方とのミックスでお薬をもらって。

 

すぐに改善されたひどい下痢と胃酸過多

なんと飲み始めた途端、胃痛、胃酸過多、そして何を飲んでも治らなかった下痢が止まり。

これは感動しました。

2周間づつ処方されるので、一月に2回通う感じ。

2回め、薬局の方に

「漢方ってすごく効くんですね。すべて改善されました!」

と伝えたら、ちょっと首をかしげて・・・

「すぐに効く人と効かない人がいるみたいです。なかなか効かないなんて方もいますよ。」

と言われてびっくり。

たまたま私がドンピシャに効いただけなのかもしれませんが、すごくよかった。

おかげで下痢は止まり、胃の具合もよくなり、

それまでは胃もたれもひどくて揚げ物も食べれなかったり、と食べる事自体大変だったけれど、なんでも美味しく食べれるのでとにかく一月食べまくりました。

体重今では8キロ増えました

そして体重は1ヶ月で6キロ増。その後は貪るような食欲は普通に戻りましたが順調に体重は増え、体力も戻ってきました。

一番痩せていた時は39キロ、今日現在なんと47キロです!

本当に元気になってうれしい。

たまたま私がぴったりあっただけかもしれませんが、過敏性腸炎や胃腸の具合が良くないが50代の方、そしてそれ以外の方も試してみる価値があるかもしれませんよ。

たぶん私の場合はストレス、自律神経系。

飲み始めて、元気になってきたらストレスのイライラが強くなってきたので、

その漢方もプラスしてもらっています。

まぁ、安定はしてきているかなー。という感じです♪

 

タイトルとURLをコピーしました