ブッチの犬用特別トライアルセットをおためししています ほとんど歯がないシニア犬のお食事

ごはん おやつ

Twitterは13年前から初めているのですが、使い方もわからず。

仲間も出来ずで、ただただ眺めるだけでしたがデルモンテが我が家に来てからというもの、フレンチブルドッグさんの飼い主さん、パグさんの飼い主さんなどなどお仲間がすごく増えて、ようやく少し使い方がわかったこの頃。

新規バナー

そのツイッターでよく見かけるのが今回のドッグフード『ぶっち Butch』の広告。
それを見た夫がえらく興味があるようで強く注文してほしいとのことで今回はトライアルセットを注文してみました。
夫はかなりのマニア気質で、気になるとネット上の口コミの確認や情報などを集めて自分なりに深く検証するタイプなので、
たぶんなにか良いのでしょう・・・ぐらいの気持ちで注文しました。

トライアルセットが届きました

種類がありすぎて何がよいのかわからない。
うちの子はどの味がすきなのかな?
もしたべなかったらどうしよう。

という心配や疑問がある人の為に用意されているのが今回の犬用トライアルセット。
初めての人限定で、3種類のブッチがお得な価格で、プラスカットした後に使える保存用のキャップが付いています。

 

3本とは、
ブラックレーベル ビーフ、ラム、チキンほか 800g
ブルーレーベル  チキン、フィッシュ(サバ等)800g
ホワイトレーベル チキンほか  800g

 

800グラムって結構大きい。

裏面にはカットの目安になる線が入っているのですごく便利。

でブッチってなにがいいの?

届いてから勉強するわたし。

ブッチのサイトによると、犬は本来は生肉が良い。
けれど、管理保存が難しいので、低温製造し生肉の同様の栄養と水分を実現しているそうな。

環境規制が世界一厳しいとされるニュージーランド産の人間の食べられるグレードの肉などを使い
ニュージーランド内の認可された工場で調理から梱包までされている。

水分が多いことで口内環境によく、高タンパク低カロリーで消化が良いので体に負担がかからず、
アレルゲンとなりうる砂糖、小麦、グルテン、イースト、合成色素、人工調味料・香料、エトキシキン、プロピレングリコールなどを一切含んでいないので安心してあげられる・・・

あら、すごくいいじゃない!!!

デルさんでは食べてみようか

うん。たべるよ。

ブラックレーベル

コンビーフみたいなハムみたいなお肉のいい香り。

一番これがいいかな?と思っていたのがこのブラックレーベル。

ビーフの赤身肉、ラム、チキンを使ったブラックレーベルには、
オメガ3脂肪酸、海藻のケルプを追加することでビタミン、ミネラル類もバランスよく配合されています。

デルちゃんは出身の犬舎ではずっとラムのドライフードを食べていたので、
ラム系が良いはず。

ブッチだけで一日過ごすなら、10キロぐらいなので、
2キロサイズで4,5日分になるそうです。

大きめにカット

このぐらいのサイズで良いのかな?とカットしてみて与えてみたのですが、

歯がほとんどないデルモンテには食べごたえ、噛みごたえがありすぎて

喉をつまらせそうな感じだったので、さらに小さくカット。

とこのぐらいのこまかくカットしてあげてみたら大丈夫でした。

たべるのには結構時間がかかり、体重分の量をあげたら三分の一ぐらいを残していたので、

いつもたべているドライフードの半分量をお湯で湿らせたものに半分量のブッチを乗せ、

スプーンで混ぜると、お湯でブッチが少し柔らかくなり良い感じに。

我が家でブッチを食べさせるなら、カリカリにお湯をかけ、カットしたブッチをのせて少し混ぜる。

そんな風が良い感じ。

ブルーレーベル

 

こちらもお肉のいい香りで魚臭さはなし

ブルーレーベルは、チキンとサバと玄米が原料。
こちらもオメガ3脂肪酸と海藻のケルプ入り。

3種類のうち、このブルーレーベルは猫ちゃんと一緒に食べられるタイプ。
もちろんブッチには、猫ちゃん専用のタイプもあります。

はじめはまな板でカットしていたけれど、ハサミを使うほうがかんたんで便利と気づきました。

ブルーも、カリカリとお湯を先にいれています。

ブルーのほうがデルモンテは食べやすかったみたいで食べ終わる時間は少し早め。

食べた後はお口は少しお魚のかおりがしました。

Butch公式サイトはこちらへ

うんち、体調、そしてホワイトレーベルのお試しにつづきます・・・

コメント

  1. […] […]