里親になりました!人間の年齢で48歳のフレンチブルドッグを暮らすことになりました

かぞく
スポンサーリンク

フレンチブルドッグ、ブルドッグ、柴犬。

誰かと家族になりたくて、里親募集に応募しても人気犬種なので、

返事さえ来ないという感じで全く数年縁が全くなく、

これではもう飼っても私の方が先に死んでしまうかもしれないので、飼えないかもなぁと

思ったりいていたけれど・・・

物事は決まると早いというか、決まるときは決まるというか。

里親募集をたまたま職場の休憩時間に探していた大晦日の夜。

なんとブリーダーさんの引退犬のフレンチブルドッグさんを見つけました。

いつもだと、夫ちゃんに相談してから応募するのだけれど、

今回はどうせ決まらないし、勝手に応募しちゃおう

と申し込んでみたのが縁のはじまり。

スポンサーリンク

会いに行きたいです

返事さえ来ないかも、と思っていたけれど、なんと電話がかかってきて、

ぜひ会いにきてくださいとのこと。

会えるだけでしあわせだわと、心がうれしくて震えた。

で、会いにきちゃいました。

お尻をいっぱい披露してくれる彼女。

人間の年齢でいうと48歳ぐらいの年齢になるみたい。

彼女を運搬する夫ちゃん。

こちらの気持ちが決まって、里親さんにと認めてもらえて。

話はまとまり、本当は会って決まったら家の準備をして迎えに行こうと思っていたけれど、

コロナの緊急事態宣言も発令されるし、

ひと目みたら離れられないし、

その日に家に来てもらう事にしました。

歩いている間はゆれるからか、ちょっと中で暴れていたけれど、

車の中では静かすぎて、死んでしまったのではと何度も声をかけると

丸い目が中でキラキラ光る。

帰宅途中大きめのペットショップに寄って、必要なものを揃えて帰宅。

ようこそ我が家へ。

家についてからは数日ゲージの中で過ごさせてくださいとのことなので、

ゲージでのんびりしてもらう為のセッティングしてみましたが、いかがでしょうか。

 

ガッ!暴れる 荒ぶれる

暴れる暴れる。トイレガシンガシンして噛みまくる。

マンションは犬が沢山いて、朝から晩まで誰かが吠えて、最後は合唱になるような

おおらかなところだから、音はいいのだけれど、

トイレを噛みすぎて歯茎から血がでてるよデルちゃん。

前々から飼ったら名付けようと思っていた名前、デルモンテに決定。

というわけで、トイレを取り出し一面にトイレシートを敷いてみると、

暴れすぎてブレブレなデルさん。

シートをぐちゃぐちゃにしたり、荒ぶれたりと全く落ち着かない様子。

デルさんは、長らく繁殖犬として活躍していたので、

人間と一緒に暮らすためのしつけが全く身についておらず、

もちろんトイレはドッグランで好きにしていたので、今もしたい時にその場所に

という感じなので、できればトイレトレーニングやお互いに気持ちよく生活するためのしつけをしていこうと思っているのです。

大きなタオルシーツを入れたらようやく落ち着いた

バスタオルを入れたらそこにおしっこをしていたので、

それは匂い付けにそのまま畳んでいれて、

おしっこしたら洗えばいいと、大きめの古いタオルシーツをいれたら。

いいの?という顔をして。

ようやく寝ました

なるほど、中にはいったり掘ったりできる大きなタオルが良いんだね。

おやすみ。デルさん。

と少しリビングを離れ、また戻ると、

なんと、起きてこちらを見ているんですよ。

「大丈夫だよ。いるよ。ねんねしな。」

と言うと、安心したようにまた眠りにつく・・・

いやーなんて可愛いのデルさん。

まだ会って半日ほどしか経っていない私がいるだけで安心してくれるの?

もう胸キュン。涙が出そう。

そして、また離れ戻るとまた起きている。

それを数回繰り返すと、最後にはもうぐっすり寝ているのでありました。

これからしつけとか、思うようにいかないかもしれないけれど、

幸せにしてあげたいなぁ、いつかは笑っている写真が撮れればいいなぁとおもう私です。

 

いまはブレブレのこんな写真ばかりなのであります。

名前は私が好きなのに変えるわけにはいかないので、

通称デェールさん。

本名は、デルモンテという事にしました。

なので病院とか、狂犬病の注射とかはデルモンテとなるわけです・・・
いや、保険にはデェールで登録しているので、本名がデェールであだ名がデルモンテ?
まぁなんでもよいよい。 デルたんとか、デルコとかいろんな名前でよんじゃってますので。

デルデルでるたんデルモンテとの暮らしについては別ブログにしてみました。
興味がある方はぜひそちらもご覧いただければうれしいです。

タイトルとURLをコピーしました