40代から50代へ・・・

50代になったので、更新はこちらでしています。
ユメトゲンジツ ちょっと変わった50代女の冒険

じんわり暖かい 電子レンジで再利用できる エコカイロのまとめ

01

女の子は体を冷やしちゃいけない。

と毛糸のタイツ、毛糸のパンツを履かせてもらったあの日。
小さなパンツなんて、と言われたあの日。

お母さん、今では大きなパンツが大好きです。

先日、夫が膝が痛いというので、夫が妹からもらってきたのがこの手作りの小豆カイロ。
なんでもエコで、何度でも電子レンジで温めてつかえるんだとか。
巷で流行っているらしく。
たしかにエコでさらにじんわりと気持ちがいいのです。

使い捨てカイロと違って小豆カイロは小豆が持つ水分が温められた蒸気による湿熱が、体の深部にまで届くらしいのです。

玉入れ
さわっていると小さな頃学校へ持っていった赤白玉入れの玉をおもいだしたのですが、
昔の小学校の運動会シーズンになると、布を貰って小豆を詰めて縫って持っていきませんでしたか?

あとはお手玉を小豆でつくったりしましたよね~。

そして思い出すのは、戦争時代の疎開する子供にお手玉をして持たせて。
辛い時に小豆を出しておしるこをつくりなさいと言った。
なんてなにかで読んだなといろいろ脳裏に浮かぶ昭和生まれ。

そんな小豆カイロかなり気持ちがいいのですが、これは小さくてすぐに冷めてしまうので。

そういえばと[yshopping keyword=’ゆたぽん 肩用’ sort_type=’0′]ゆたぽんの肩用[/yshopping]を持っていたのを思い出し。
ごそごそと掘り出して使ってみたら、暖かくて気持ちがいい~と思ったのですが。
やっぱり、たしかに深部までの届き方がちがうので、
小豆すげー!と感動したのです。

でも小豆はできればカイロではなくお汁粉にしたいなぁと思い。
坐骨神経痛持ちの私は小豆の他に湿熱で温めてくれるエコカイロはできないものか?と調べてみました。

Cherry stone pillow polar bear 3

ポップコーンをつくる前のトウモロコシカイロ

エコーン(eco*rn)カイロ
出荷できない、不良品のトウモロコシを使ったまさにエコなカイロです。

麦のカイロ

麦のカイロ たいよう君
麦のカイロのすごいのは電子レンジで温めるだけでなくて、夏は冷凍庫に入れて冷たくも使えるところ。

ヌカのカイロ

米ぬかカイロの作り方、NHK
NHKの『生活ほっとモーニング』でされた米ぬかカイロについての情報。
米ぬか、玄米、塩でつくるそうで、使わない時は要冷蔵庫保存だそう。

こんにゃくカイロ

こんにゃくカイロ

腰痛などにも使われるのが、こんにゃく湿布らしいのですが、こちらでは期限のきれた蒟蒻をカイロとして利用しているそうです。

さくらんぼの種のカイロ

チェリーストーンパッド
スイスではブランデーの仕込み後の残った種を温めて湯たんぽ代わりにつかっていたとか。
こちらは国産のジャムづくりの後の種を利用したさくらんぼの種のカイロです。

なかなかいろいろなものでつくれるんだなーと感動。
やっぱりいちばんいいなと思ったのは、もう食べることができない種でつくるかいろ。

Cherry stones
さくらんぼでなくても、集めるのが大変だけど、柑橘類なんかと種でもいいわけですよね。
これから人生終わるまでに食べる果物すべての種を種類別に瓶がなんかに集めちゃおうかしら。
なんて思ったりして。

一番つくりたいのは、アボガドの種のカイロですかね・・・
暖かさがすごく続きそうだけど、ボコボコしてそうですね。

家のアボガドの種から芽を出したアボちゃん、とても元気です。

コメント