こむら返りはふくらはぎだけじゃない!ふとももは気絶するほど痛いのよ。足がつって痛い!!!そんな時にはコレをしろ!


毎日温泉の足湯に入れればよいのにね。

こむらがえりとは、ふくらはぎの筋肉の痙攣の事を指すそうですが。
私の場合はふくらはぎの激痛なら意外と対応可能なのですが、その中でも、足首や太腿の筋痙攣には耐え難いものがあります。
ふくらはぎであれば、硬めの床を歩けば簡単に治ってしまうほどのこむらがえりマイスターなのですが・・・
なかでも太腿、とくに両方の内側がつってしまった時にはうごく事もできずただただ痙攣が収まるまで冷や汗を流しながら悶絶しております。
私の場合、今日の夜は大変かも・・・という日は昼間の内から手の親指や小指がつりはじめ。
しかし足は立っていればつることはないので安心なのですが、
夜布団にはいってリラックスすると、足の痙攣が始まってしまいます。

こむらがえりに効く漢方薬を飲む

起き上がって歩いたりして一度はおさまるこむらかえりも、また布団に横になってウトウトしだすとまたもや足の痙攣が始まります。
痛みで足が緊張するとさらに痛みが強くなるので、リラックスを心がけたり(ムリムリ)
またヒッヒッフーとラマーズ法の呼吸をしてみたりといろいろ努力をしてはいますが。(笑)
しかし収まってはまたさらに強くなった痛みで目がさめるという、悲しく辛い夜には様々な会社からでているこむらがえりに効果があるらしい漢方薬を飲んでみます。
これは始まってから飲むよりも、寝る間、さらに空腹時に飲んでおくのが正しいらしいです。
気休め感もありますが、最近つりやすいなぁと思った時に早めに飲んでおくと夜も痛みに起こされることなくゆっくり眠ることができたりしています。

いろいろ飲んでみましたが、最近これは効くかも!?とおもっているのがツラレス。
しかも他の会社の漢方は粉末なのに比べ、ツラレスは錠剤なのでとても飲みやすいです。

足のツリには漢方薬の芍薬甘草が良いらしく、ツムラや、クラシエなどからも同じような漢方薬がでています。

50肩や腰痛などの痛みにも芍薬甘草は良いようなので全部痛い私にはとてもよいのかも。
そして一時期不安で飲んでいた桂枝加竜骨牡蛎湯という漢方がすごくよかったので、それも踏まえて、
一度ちょうど近所にある漢方医に相談しにいきたいと思っているほどなのです。

シャワーを浴びる

こむらがえりになるのは加齢だとか、冷えだとか、ビタミン・ミネラル不足だとか。
はたまた病気が隠れているなどの様々な原因があるようですが・・・

とにかくなってしまったら、それは死ぬほどの痛みじゃないですか?!
原因はどうでもいいから、とにかく痛みを取りたいと思いますよね。

そんな時、私は泣きながら、足を引きずりながら足にシャワーをかけに行きます。
歩いてみても、マッサージしてもどうにもならない、足が変形してしまう程に痙攣してこわばる太腿、ふくらはぎ、足首でも。
温かいシャワーをかけるだけで、まずは痛みがとても和らぎます。
痛みが残っていてもいい香りのボディーシャンプーや、シャンプーなどでボディ、ヘアケアすれば終わるころには足のつりもさっぱりとさようならしています。
シャワーを浴びることで血行もよくなりそのあとはつることもなく幸せな夜をすごすことができています。

是非とにかく痛くてしようがないときは、温かいシャワーを足にかけてみてください!

川島ルルド

投稿者プロフィール

川島ルルド 現在52歳の神奈川在住の主婦のようなもの。
昼間はブログやサイト更新、超巨大企業のアルバイトを辞め、これまた巨大企業のグループ会社に転職。
みんなやさしくて毎日涙でいっぱいです・・・
体調不良が多いので心配もいっぱい

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 皮膚科医が採用する敏感肌のためのスキンケアブランド ラ ロッシュ ボゼ。 名前は知って…
  2. 昨日は横浜で火鍋を食べてきました。 そこでの飲み物は王老吉。 始めて飲んだのです…
  3. 先日衝動買いしてしまった御飯炊用の土鍋。 ま工房 手づくり 土鍋 中 張子犬 ま…

ピックアップ記事

  1. 2016-4-28

    大好きなブロッコリーとカリフラワーがたっぷり! コストコでノルマンディースタイル ベジタブルブレンドを買ってきました

    ブロッコリーとかカリフラワーが大好きです。 ただゆでてマヨネーズをつけたり、炒めものに入れたり…
  2. 2016-3-15

    50肩 肘の痛み 敵はかなり手ごわい 51歳の夜

    先日万葉の湯町田店へ行ってお風呂、そしてマッサージ器三昧してきました。 よくあるマッサージ…
  3. 2015-9-23

    漫画を読んで泣く!漫画を読んでスカッ!とする 

    30代の頃までは、楽しみにしている雑誌があったりしていたけれど、 携帯やスマホが発達したお…

アーカイブ

ページ上部へ戻る