40代から50代へ・・・

50代になったので、更新はこちらでしています。
ユメトゲンジツ ちょっと変わった50代女の冒険

血圧の薬が効きすぎる?! 急激に血圧が下がって歩けなくなりました

なんと高血圧


すごい量の湿布が入ってそうなこの大きな袋には大腸検査の前に飲む下剤が入っています。
検査の当日2リットルで水でといて、2リットルの水と交互に4リットルぐらい飲むらしい。すごいねー←まだ他人事

職場の健康診断で急に発覚した高血圧。
年末、実家へ帰った時に母の血圧計で測ってみた時に「上が170、下が100」と見たこともない数字でびっくりしたという事があっての年明け。
職場の健康診断の際、血圧が200近い数字で、このまま病院へ言ってください。命が危ないです・・・
と言われ、そのまま病院へ行き、仕事もそのまま数日休むという結果になったのが、2014年。
もう4年前ぐらいの出来事です。
血圧が発覚した職場は去年いろいろなトラブルで退職し。
その後はまた違う仕事へ転職したのであります。
転職後の職場は、人間トラブルなどで弱く、傷ついた心の事を話すと、
所長は、「ここはみんなやさしいから。誰もあなたを傷つけないから。」とまで言ってくれ。
そしてまた、周りが本当にやさしくて・・・
女性はもちろん、男性もみんな面倒見がよくてお母さんが一杯いるみたいな環境。
なので血圧が下がったり、体調不良もなおるかと思いきや。
24時間勤務で、慣れない仕事なので体調がめちゃくちゃ悪いのです。
がんばりたいのに、がんばれない。
体力のなさがなさけない・・・
そんな毎日。

[clink url=”http://www.bulldogmark.com/wp/helth/%E3%81%AA%E3%82%93%E3%81%A8%E9%AB%98%E8%A1%80%E5%9C%A7/12486.html”]
[clink url=”http://www.bulldogmark.com/wp/%E6%9A%AE%E3%82%89%E3%81%97/%E6%B0%97%E5%88%86%E8%BB%A2%E6%8F%9B/12589.html”]

過敏性胃腸炎も発症

というのも、以前の職場の時から発症しているのが、おそらく「過敏性胃腸炎」。
夫の母、妹と再度の同居を初めてからすぐに始まった下痢はもう3年近く続いています。

以前の職場を辞める時には1日にたぶんトイレで10回は下していた日々。
職場が変わってもそれは変わらず。
なんと体重が半年で5キロほど減ってしまいました。
[clink url=”http://www.bulldogmark.com/wp/helth/14821.html”]

新しい職場で体調不良になること3回目 低血圧で座り込み嘔吐しました

とても恵まれた環境だけど、24時間勤務・・・
と心には良い?!が50代の体にはちとキツイ新しい仕事。
その仕事の中でもいままで2回程、貧血というかめまいで座り込んでしまい、
その後数時間休憩させてもらうという恥ずかしい事態がまだ入社して4ヶ月程なのにありました。
これはいかんなーと思っていた矢先、数日前また脳貧血が起きそうでやばい、座りたい。
と座り込み、仕事を変わってもらって事務所へ変える通路の途中で歩けなくなり座り込み。
そのまま近くにあったビニール袋に嘔吐。

しかし吐いてしまえばこちらのもの、で歩けるようになりましたが、
そのまままた数時間休憩をさせてもらうことに。

これはもう、働けるレベルではなく。
会社にも本当に申し訳ないと悲しみ。
そして原因を調べないと、と思って血圧を測ってみると、103/68というこれまた私的には見たこともない低い数字でありました。

今回の脳貧血の前には、呼吸が苦しくハァハァとしていたことなどから、いろいろ調べて低血圧の症状なんだなぁと認識したのです。

このまま仕事は続けたいから病院へ行くよ!

本当なら、血圧の病院へいってまず相談だ!という感じなのですが、
大きな病院でその曜日だけしか担当の医師がいないので、すぐには見てもらえないという現実。

なので、血圧も、体調不良も、そして自分で勝手に判断してしまっている過敏性胃腸炎も見てもらおう!
と比較的自宅近くにある個人病院へ。

過敏性胃腸炎や、更年期のみてもらえる内科を探してこちらが良いかなと見つけた病院です。

4月には大腸カメラをやってきます

血圧の話、体調不良の話、そして過敏性胃腸炎の話をして。
まずは4月そうそう、大腸カメラで検査をしましょうということになりました。

それまでも下痢は辛いであろうからと、過敏性胃腸炎の新しい薬として有名な「イリボー」とロペラミド塩酸塩カプセルフソーなるものを出してもらいました。
イリボーは朝1回、フソーは朝 晩なのです。
イリボーは、過敏性胃腸炎の薬で、フソーは止瀉薬。
飲みはじめてまだ3日目、両方のんでも便はまだ固まりませんがお腹が痛くなる回数がだいぶ減って体が楽になってきた気がします。
あと、長い時間の睡眠が出来るようになったので疲れが意外に取れるようになったかも。

過敏性胃腸炎対策の低フォドマップ食って知ってる?!

なによりもコーンを乗せた味噌ラーメンが大好き。
自宅なら納豆スパが至福。
と無類の麺好きの私ですが、
今回体調不良を心配する夫に、過敏性胃腸炎には低フォドマップ食が効果があると調べてもらったのです。

なんでも、いままでお腹の改善に良いとされるりんご、はちみつ、ヨーグルトや発酵食品などは過敏性胃腸炎を増幅させるのだとか。
とくに発酵食品はお腹がゴロゴロしたりガスが溜まってしまったりと不調の原因になってしまっているらしく。
また野菜も私の好きなコーンや、枝豆などの豆類、ラーメン、うどん、ピザなどの小麦製のものなどもよくないそうです。

とりあえず、3週間高フォドマップ食を止め、低フォドマップ食にして、
そのあと1週間ごとに他の食物を試して、お腹の変化で自分なりのフォドマップ食の一覧を作り上げていくのだとか。

今日こちらの本があるか近所の本屋さんに行ってきまーす!

コメント