40代から50代へ・・・

50代になったので、更新はこちらでしています。
ユメトゲンジツ ちょっと変わった50代女の冒険

うる星やつらのラムちゃんのアイライナー ラブダーリン つかってみました

若い時はとにかく目を大きく見せたくて、アイラインを濃い目にひいたり、
リキッドライナーを使っていたけれど、脂性で汗かき、そしてすぐ顔をいじってしまう
モデルやタレントには全く向かない体質の私はほんとうにすぐにパンダになっていたっけ。
パンダにならないというコスメでもなってしまうのでずいぶんアイラインはペンシルを愛用して
さりげない感じ・・・にひくだけだったけれど。

最近ドラッグストアへ行くとアニメのアイライナーがいっぱい。
こんなアニメ顔になれるならとラムちゃんのアイライナーをつかってみる。


ラムちゃんのトラ皮スーツのようなキャンディーカラーのトラ模様。


0.1の極細い筆。
たしかにほそーい。

アイライナー ラブダーリンの特徴 

しっかりウォータープルーフでにじみにくい。
お湯で簡単メイクオフ
極細い筆で隙のないライン
最後の一滴までかすれず発色
トリートメント成分配合(ヒアルロン酸 パンテノール)

極細を書くとすこしかすれるかな

筆の長さが少し短めとアイラインを引く時の邪魔にならない絶妙な長さで、
すーっとアイラインが引けました。
それほど腰のない筆なので極細筆とパッケージでアピールしているけれど、
細いより若干太めに書くのが一番むいている感じ。
一筆でたっぷりめにラインがひけるけれどすぐ乾くので目の周りは汚さないかな、
でも一番初めにつかったときは下まぶたについてしまったけれど。

書きたての鮮やかさをキープしてくれるのと、ラインの太さが自由自在なのは
本当にうなずける。

落としてみます

水でパシャっと目にあてても流れてこないけれど、
こすってしまうとにじんでくる。
そしてお湯で落とせばきれいに落ちました。

化粧ポーチの中のアイメイク関係って黒がおおいので、
いちいちよく見ないとなんだかわからないけれど、
こんなピンクの個性的な風貌ならすぐわかって便利。

10代の頃、男子ってかなりラムちゃん好きな人が多かったので
やっぱりこんな女の子になりたいと今でもおもうおばちゃんは、このアイライナーをつかうとときめく心になります。

販売名:ラブダーリン アイライナーブラック
発売元:株式会社 バンダイ

って、バンダイさんのコスメだったんですね。
希望小売価格が1260円になっています。

こんな人は買いだ!

落ちにくいアイライナーでラインの太さを自由自在に書きたい方。
ラムちゃんが好きな人、ピンク、トラ柄が好きな人。

コメント