トップイメージ
  1. ホーム
  2. からだ
  3. 坐骨神経痛

坐骨神経痛を治した私の方法

とにかく痛い、しびれて感覚がなくなる、椅子に座るのも一苦労だった座骨神経痛になりたての頃。

本で読んだりしても目入ってくるのは手術という文字ばかりで、自分の症状から椎間板ヘルニア、坐骨神経痛でこのような足の痛みになっているのだという理解できた時はかなりショックでした。

いままで椎間板ヘルニアと自分とは全く無関係だと思ったのですが。

昔なにかで読んだ本の情報などで、タクシードライバーや、座りっぱなしの仕事の人がなりやすいとか書いてあった覚えがあるのですが・・・。

あ!私そういえばいつのまにか座りっぱなしの仕事をしていたのでした。

普段坐骨神経痛や、腰の痛みの事で周りの人と会話をする事はいままで全くと言ってした事がなかったのですが、話して見ると以外に結構周りの人も腰の事で悩んでいる方が多い事に気づきました。

筋肉を鍛えると腰は楽になる

筋肉トレーニングは方法によってはとても腰痛、ヘルニアに効果的となります。 椎間板ヘルニアとは、脊椎の間にある椎間板が、正常ではない位置まで脱出、飛び出すことにより腰痛、そして、片方の足だけが痛い坐骨神経痛となるのです。

痛いぎっくり腰になったら

坐骨神経痛のはじまりは、ぎっくり腰だったのかもしれません。くしゃみや掃除をかけている時、洗顔で腰を伸ばした瞬間に、まさに「ぎくっ」と腰に痛みがはしり身動きができなくなるのがぎっくり腰です。

知らない間に自分で原因をつくっていた

カルシウムの不足が続くと骨からカルシウムが溶け出します。 その為に骨・軟骨組織が弱くなり慢性的な筋肉の異常緊張(凝り・収縮)から肩こり・腰痛・坐骨神経痛がおこります。

痛い時の対策と予防

急に寒くなってきたのと、仕事の忙しさのストレスからか腰痛を少し感じてきています。 すると、またあの坐骨 神経痛になったらという恐怖でどきどきの毎日。 坐骨 神経痛はストレスと絶対関係があるのではないかといつも思います。 痛みもストレスになるんですよね。

こんな風にしていたら治りました

筋肉トレーニングをして腹筋、背筋をつけると必ず腰痛には効果があります。 しかし、その筋肉がつくまでの間どうしたらいいのか。 私は現在坐骨神経痛も普段はありませんし、腰痛もたまにずーんと重みがあるだけではありますが、腰が少しでも辛いなと思った時には必ず購入してある、購入してある、腰痛コルセットをするようにしています。これはスーパーマーケットや薬局に売っている4、5000円のものでも大丈夫なのでしないよりはましと考えて巻いてみてください。みてください。

坐骨神経痛と妊娠

妊娠のホルモンの影響によって骨盤の靭帯がゆるみ、骨盤を不安定にさせて、痛みのきっかけとなる。 妊娠期には骨盤の靭帯がゆるみ、不安定になる・・・ これが腰痛、あるいは恥骨痛に結びつくと言われています。

腰痛コルセットが手っ取り早く楽になります

腰痛、坐骨神経痛対策に一番効果的なのはコルセット。 坐骨神経痛が治った!と言っている私でも、いまだに寒さ、疲れ、体重増加などで足先がしびれたりなど坐骨神経痛の予感を感じる時には、机に向かう時、寝る時などコルセットを巻いています。

一度腰痛になると痛みを脳が覚えてしまうらしい

日本人の80パーセントもが、なんと腰痛に悩んでいると、昨日テレビの番組で紹介されていて、とても驚きました。

本来腰痛のひどいものは、背骨からはみ出してしまった神経の痛みで、ひどくなると歩けなくなったり、足がいうことを聞いてくれなくなりほどの痛み。 腰痛の痛み。

その痛みは、もし腰痛が治ったとしても脳が覚えてしまっていて、原因がないのにひどく痛むという事もあるそうです。

私は医者ではないので詳しくはわかりませんが、腰が痛いときや坐骨神経痛の時暖めたりお風呂に入ったりすると少し楽になったのは、血流も悪くなるからなのだろうなと感じていました。

その血流の流れを悪くするのは、姿勢の悪さなども原因ですが、自律神経からも血流が悪くなると知って、ドキっとしました。

鬱や、めまいなどの原因にもなる自律神経の乱れはストレスからも来るかと思います。

腰痛対策には、ストレスを解消すること。体重を減らすこと、腰まわりの筋肉をつけること、そしてまた痛くなるのではと恐怖心を大きくしないこと。そんなこともたいせつなのかなと思った番組でした。

このページのトップへ